モンゴル

カシミア

卓越した製品

モンゴルのゴビ砂漠中心部では、荒々しい遊牧民たちが極細のカシミアウールを生産しています。希少性が高く高級感に満ち、比類なき軽やかさと柔らかさを呈するウールです。この地域は元来ヤギが飼育されていた地のひとつで、現在も過去同様ウールヤギが放し飼いのできる地域を季節ごとに移動します。

標高4000m以上のチベット高原またはゴビ砂漠では、季節により気温が-40℃から40℃まで変化するのです! こうした条件にヤギは適応し、その長い獣毛により荒々しい気候にも耐えることができます。

カシミア繊維は年に一度、地域の遊牧民部族により胸の毛が収穫されます。一頭につき150g以上の繊維を収穫することはありません。

今日カシミアヤギの色はブラック、レッド、ホワイトの3種。それぞれダークグレー、グレーブラウン、ホワイトのウールを授けます。ホワイトヤギはゴビ砂漠に生息し、アルハンガイの山々に住む羊飼いたちは砂漠の同業者から雄のホワイトヤギを購入することにより、極めて高く評価されるこの品質を得ることができるのです。

Tumenjargalとその妻は、収穫したばかりのホワイトカシミアを細かく調べています。彼らのユルトは、ゴビ砂漠の最も人里離れた地域内のシンジンスト村からバイクで1時間の所に位置します。夫妻は700頭の白ヤギを所有し、この地域の家畜飼育者の平均所有数を2倍ほど上回ります。

過酷な気候条件

飼育者とその家畜の群れは厳しい気候条件下で生活し、極寒と酷暑が代わる代わる訪れることも珍しくありません。

シンジンストのホワイトカシミアヤギ

ゴビ砂漠で飼育されるホワイトカシミヤヤギの一部のグループはこの地域に由来すると、家畜飼育者たちは考えています。群れ全体がホワイトヤギというのは、シンジンストだけのことです。

カシミアウールが有する数々の品質のうち、ゴビ砂漠のものは最も貴重な最高級ウールのひとつに数えられます。加えてシンジンスト村周辺の家畜飼育者たちはこの特別なヤギを飼育していることで国中に知られ、その繊維は世界随一の白さと細さを誇ります。

目的地を選択してください
オーストラリア&ニュージーランド
メリノウール
南アメリカ
ビキューナ
南アフリカ
モヘア
グリーンランド
キヴィアック
モンゴル
カシミア
ラダック
パシュミナ
キルギス共和国
キルギスウール
ヨーロッパ
リネン
エジプト
コットン
アジア
Silk
地図へ戻る
他の目的地

ニュースレター

Dormeuilニュースレターへのご登録

ニュースレターを購読する
メールアドレス
OK

You have subscribed to the newsletter.

お問い合わせ

Please turn your device

Your browser is not supported, please update your browser or download Chrome.