5月8日、ドミニク・ドーメルは英国へ赴き、リーズ大学に新築されたデザインスクールの建物「the Clothworkers’ South Building」のオープニングセレモニーに出席しました。

「プリュネル」という単語はフランス語のプラムから派生しています。ウィーヴは従来、堅苦しいドレスや聖職者の法衣に使用され、多くの場合プラムカラーでした。 生地の表面はなめらかで、さらに重みのあるタイプ...

最新情報

KIBOU311

日本では数週間前にすでに桜の季節が始まり、青山にある当ブランド日本ブティックのウィンドウには、KIBOU311に対するDormeuilの誓いが掲げられました。
img
その名は2つの語(«...

オランダの中等職業教育機関ヒルフェルスム カレッジにて「メンズウェア&テーラリング」専門コースが発足した際、Dormeuilはこのプログラムを支援し、制作のために様々な生地や機材を学生たちに寄与しまし...

ポケットチーフがはじめて登場したのは古代。当時のエジプト人やギリシャ人たちが白いリネンのハンカチとして使用していました。
14世紀には、フランスの貴族たちが香水をしみ込ませ、悪臭から身を守ってい...

2015年9月、ドミニクドーメルは、過酷な環境に住み、希少な動物を飼うブリーダーの人々へのオマージュを込めて、「A la recherche des laines précieuses”世界の希少繊維...

スーツがとりわけ男らしさ、力強さ、権力の象徴であった19世紀を通して、ジャケットやスーツは長い間男性にとって魅了と関心の的でした。それゆえ、長い間男性だけに与えられた権利もありました。
しかし前...

最新情報

夏の色調

DormeuilのD Philosophy(2018 スプリングサマー)コレクションは、究極のエレガンスからリラックスやインフォーマルまで幅広く対応する高級生地で、今シーズンのエスプリを捉えます。 <...

最新情報

桜の木…

春爛漫の5月、DormeuilとLoom Nipponが共同で日本北部に位置する南三陸の町に再び桜の木を植樹しました。二本の幹線道路が交差する、南三陸の住人たちにとって重要な地点が選ばれました。201...

Exel生地の伸縮性を誰が想像できたでしょう?
好奇心。これが違和感のない伸縮性を呈する布地の限界、さらにはその着心地の良さや柔軟性を今シーズンもまたテストし続ける所以です…

D...

イギリス海軍兵学校の優秀なテイラーであるブルーノ・コレッラは、ブラジルのヴィラ・ノヴァ・コンセイソンに新しいスペースをオープンしたばかり。
img
比類なき体験を提案し、テイラーの世界をも...

数か月前、野心的で冒険好き、アイディアにあふれた2人の若き企業家が途方もないプロジェクトに着手しました。それは独創的で、フランスでは極めて革新的。そしてDormeuilの生地を引き入れたものです。

ゴールデン・シアーズ賞は、英国全土を通して学生や見習いの仕立て職人を表彰し、未来のテイラーを支援します。

今年のイベントは3月20日にロンドンのマーチャント・テイラーズ・ホールにて開催さ...

最新情報

Amadeus25周年

ドーメルが現在のドーメルコレクションの代表作となる服地アマデウスを1992年に誕生させてから今年でちょうど25年となります。

アマデウスと名付けられたこの服地を手にした瞬間、まるでモーツ...

2011年3月に日本を襲った東日本大震災を支援し続けることが、ドーメル社の誇りです。

ドーメルは、2011年3月11日に起きた東日本大震災を機に発足したLOOM NIPPONの「KIBO...

ニュースレター

Dormeuilニュースレターへのご登録

メールアドレス
OK

You have subscribed to the newsletter.

お問い合わせ

Please turn your device

Your browser is not supported, please update your browser or download Chrome.