「希少性の高いウールを求めて」

2015年9月、ドミニクドーメルは、過酷な環境に住み、希少な動物を飼うブリーダーの人々へのオマージュを込めて、「A la recherche des laines précieuses”世界の希少繊維を求めて” という本をGlénat社から出版しました。
ドミニク ドーメルは、3年間世界中のブリーダーのファームを回り、世界の希少な繊維を求め、そしてドーメルで服地に仕上げることに力を注ぎました。
フォトグラファーのJean-Baptiste Rabouanと共に旅をし、ステップ草原を回り、ツンドラ地帯へ踏み込み、世界で残さなければならない地球の共有財産としての価値を改めて感じ“people of wool”を大切に思いました。


グリーンランドからニュージランド、そしてペルー、ラダック、南アフリカ、スコットランド、そして中央アジアに住む原住民のブリーダーと合うことは、生地メーカーが世界の珍しい希少動物まで踏み込むという点でパイオニア的な出来事でした。

希少性の高い繊維への探求は、ジャコウウシやカシミア、パシュミナ、モヘアヤギ、キャメル、メリノヒツジ、シェットランドシープ、ビクーニャ、アルパカといったウールを生む動物たちの軌跡へと導きます。

ニュースレター

Dormeuilニュースレターへのご登録

メールアドレス
OK

You have subscribed to the newsletter.

お問い合わせ

Please turn your device

Your browser is not supported, please update your browser or download Chrome.