イヴ・サンローラン美術館がパリに誕生

オートクチュール メゾンの幕が閉じてから15年以上経った2017年10月、古い歴史を持つ旧邸宅にイヴ・サンローラン美術館がオープンしました。展覧会は回顧展と企画展が交互に開催される予定です。

最初の展覧会は2017年10月から2018年9月9日まで。イヴ・サン=ローランの作品やアーカイブ(ビデオ、スケッチ、写真など…)が現在パリのイヴ・サンローラン美術館で展示されています。



メゾン イヴ・サンローランの膨大なアーカイブから、本人が生前にセレクトした約50点の作品(服とアクセサリー)が公開され、様々な時代と彼のインスピレーションを物語っています。

かつてイヴ・サン=ローランがコレクションの構想やデザインを行ない、彼がそこで仕事をしていた時のままの状態で完璧に保存されたスタジオにも入ることができます。



さらに、展覧会のエントランスに展示されたイヴ・サン=ローランの初期作品は、かの有名なデザイナーがはじめて創作したレディーススーツの一部であり、Dormeuilの生地で制作されたもの… お見逃しなく!


ニュースレター

Dormeuilニュースレターへのご登録

メールアドレス
OK

You have subscribed to the newsletter.

お問い合わせ

Please turn your device

Your browser is not supported, please update your browser or download Chrome.